助詞「と」の意味と用法の研究开题报告

 2021-08-08 02:08

全文总字数:1761字

1. 研究目的与意义

日本語の助詞をしっかり身に付けるのはとても重要だといわれている。日本語の助詞「と」について、本稿は主に接続助詞「と」の用法に関する考察である。

言語は人間社会で思想や感情や情報などを伝達する主な手段である。その決まりが文法である。時代の流れとともに人類社会は交流が盛んになり、外国語の習得もより大切になった。したがって、文法の研究は諸言語を理解するにしろ、文化を理解するにしろ、さらに、簡単に理解することである。中日両国では頻繁的な交流活動が行われているので、中国人の日本語学習者の数も段々増えていき、日本語の学習の難問も段々姿が現れていた。日本語では、文法が多く、文法システムが複雑になり、そして、センテンスの構造が中国とぜんぜん違うので、日本語を学習するときに、いろいろな問題とぶつかった。本稿では日本語の中で把握し難い接続助詞として使われる「と」の特徴を分析し、接続助詞として、果たしている機能を特定する。本稿では、まず先行研究を通して、接続「と」の用法に関して、全体の特徴を捉えた上に、「と」の接続助詞の用法を詳しく分析する。接続「と」の時間用法と条件用法に関して、実例を通して、詳しく展開し、比較する。最後は接続助詞の特徴をまとめ、そして、「と」の用法から、日本語の学習に対して、受ける啓発を少し考察してみる。

意义:

剩余内容已隐藏,您需要先支付后才能查看该篇文章全部内容!

2. 国内外研究现状分析

参考文献:

[1] 杨巍.关于条件表达方式「と」的汉译考察[D].辽宁师范大学.2008

[2] 兰玉俊.「と」の各用法間の関係について[D].湖南大学.2011

剩余内容已隐藏,您需要先支付后才能查看该篇文章全部内容!

3. 研究的基本内容与计划

1. 比較と分析研究の方法

2. 先生の指導

3. ネットで調べた資料、図書館で収集した助動詞についての文法書などを参考にし、そして、教科書で習った接続助詞「と」の使い方と用例を分析する。

剩余内容已隐藏,您需要先支付后才能查看该篇文章全部内容!

4. 研究创新点

本稿の革新的なところは、時間と条件用法の特徴の下で、接続助詞「と」の使い方を七つ種類に分けることである。すなわち、接続助詞「と」の使い方を「時」の用法、連続の用法、発見の用法やきっかけの用法など四つの時間的用法と、習慣重複の事象、一般条件や仮定条件など三つの条件用法がある。そして、図表で研究成果を明らかに示す。

剩余内容已隐藏,您需要先支付 5元 才能查看该篇文章全部内容!立即支付

以上是毕业论文开题报告,课题毕业论文、任务书、外文翻译、程序设计、图纸设计等资料可联系客服协助查找。