日本の狐婚姻譚に見る狐のイメージ开题报告

 2021-08-08 02:08

全文总字数:1041字

1. 研究目的与意义

日本と中国は大昔から文化交流があり、そのため日本の「妖怪」は中国のそれと似ているところが多い。

特に狐に関する昔話については類似点がいくつも指摘できるが一方、異なる点や独特な点も少なくない。

「キツネを精霊妖怪とみなす民族はいくつかあるが、特に日本においては文化信仰と言えるほどキツネに対して親密である」(ウィキペディア)といわれるように、日本では説話、伝承、民話の中などで、狐が頻繁に登場し、また、稲荷神の使者ともされている。

剩余内容已隐藏,您需要先支付后才能查看该篇文章全部内容!

2. 国内外研究现状分析

国内では、徐克瑜が書いた『「聊斋志异」对传统狐狸形象的审美改造』とか、李琨が書いた『从「聊斋志异」中看狐仙的女性形象』とか、そして王一兵が書いた『简论蒲松龄笔下的狐女形象』でも、狐のイメージについて、多様な立場から分析してみた。

『聊斎志異』での狐は真善美という印象を与えられていたと思われた。

  海外では、特に日本では、宮田登が書かれた『妖怪の民俗学』には、日本各地の調査と柳田国男や井上円了らの研究の再検討を通じて、様々な怪異現象を分析してから妖怪とは何か、妖怪のトポロジーとはどのようなものか、さらに都市空間の持つ魔性についても探究する。

剩余内容已隐藏,您需要先支付后才能查看该篇文章全部内容!

3. 研究的基本内容与计划

キーワード:妖怪文化異類婚姻譚  狐女房狐のイメージ目次一、はじめに1.1研究の目的1.2先行研究 二、妖怪における狐 2.1 妖怪文化の発展 2.2妖怪と狐 2.3伝説に見る狐のイメージ狐と異類婚姻譚について3.1異類婚姻譚の起源と共通点   3.2狐女房のイメージと変遷   3.3変遷をもたらす社会的背景『聊斎志異』における狐との比較   4.1『聊斎志異』における狐の分類   4.2『聊斎志異』における異類婚姻譚との比較   4.3中日狐イメージの共通点と相違点おわりに参考文献宮田登(2002)『妖怪の民俗学』 ちくま学芸文庫坂井田(1996)「日中狐文化の探索」『中京大学教養論議』36(4)、1330-1291中村禎里(2003) 『狐の日本史』 近世近代篇 日本エディタースクール出版部小松和彦(2007)『日本妖怪異聞録』 講談社学術文庫程亮(2012)「変貌する狐憑き伝承の類型と諸相」『神戸女学院大学論集』 Vol.59 No.2村田和弘「中国文学に登場する狐」 34-35劉克華(2005)「民話の狐と人間」『愛知工業大学研究報告A,基礎教育センター論文集』 40、75-78大坪俊介(2010)「「雁の草子」にみる異類婚譚の悲恋 」 『大正大学大学院研究論集』 34吉川正倫(1979)「稲荷信仰と狐の民俗」 『大手前女子大学論集』13、161-165中塚亮(1999)「妲己と狐:「封神演義」に見る、イメージおよび物語の成立に至る一過程」『金沢大学中国語学中国文学教室紀要』3、65-95屋敷信晴(2002)「唐代狐妖譚と道教」『中国中世文学研究』42、19-47  徐克瑜(2002)「「聊斋志异」对传统狐狸形象的审美改造」『 牡丹江师范学院学报(哲学社会科学版) 』 Journal of Mudanjiang Teachers College 、编辑部邮箱 、2002年01期   李琨(2009)「从「聊斋志异」中看狐仙的女性形象」『现代交际 Modern Communication』 编辑部邮箱 、2009年11期   王一兵(2008)「简论蒲松龄笔下的狐女形象」『学术交流 Academic Exchange 』 编辑部邮箱 、2008年10期

4. 研究创新点

剩余内容已隐藏,您需要先支付 5元 才能查看该篇文章全部内容!立即支付

课题毕业论文、开题报告、任务书、外文翻译、程序设计、图纸设计等资料可联系客服协助查找。

您可能感兴趣的文章